2000年の同じ地点には…立派な駅が。

c0191953_141259.jpg



近年、インドの経済発展はすさまじいものがある。
1984年の16年後、2000年の暮れに訪れた時は、
地下鉄もとうに開通し、カルカッタの新しい動脈として活躍していた。

インド博物館前の、あの工事現場は、跡形もなくなり、
立派な地下鉄駅の入口となっていた。

駅名は「PARK STREET」。

「Metro is Your Keep it Clean」という標語の隣には、「HITACHI」の看板。
階段を下りた地下駅の入口には、
ガードマンが物々しく警備していた。

もう、この地点でのスケッチは、諦めた。

あの「インド時間」といえども、
急激な経済発展の時間の流れに飲み込まれてしまうのだろうか…








「PARK STREET」駅の閑散とした雰囲気がよくでていますね。

こちらは、もっと賑やか…
みんな中産階級の人々ですね。


[PR]
←menuへ