インド亜大陸最南端

c0191953_3581941.jpg


海。懐かしい水平の安らぎ。目前に横たわるエメラルド・グリーンの処女。

僕は、両手を思いきり広げて彼女を抱きしめようとしたが、見事にふられてしまった。
目前視界、240度。地球の丸味を感じるほど、壮大な広がりをもつ。

ついにやって来た。
ここは、インド亜大陸最南端、カニヤークマリ(CAPE COMORIN)

インド亜大陸最南端のコモリン岬=CAPE COMORINのパノラマ絵です。
現地名はカニヤークマリ=KANNIYAKUMARI。
岬の沖合いに浮かぶロックメモリアルから描きました。



岬の沖合いに浮かぶロックメモリアルは、
この地図の中央部にある大きな岩島です。

大きな地図で見る
[PR]
←menuへ