白亜のカトリック教会

c0191953_4501250.jpg


同じ宿の屋上から北側を眺めると
浜に広がる漁村の向こうに白亜の教会Roman Catholic Churchがそびえている。
16世紀建造のゴシック調の美しい教会で、この地に住む約1万人の漁民に崇拝されている。

南インドの海岸沿いに住む漁民の多くは、カトリックのキリスト教徒である。
16世紀の大航海時代に、南インドに着いたポルトガルの宣教師たちは、
すでにキリスト教が伝わっていることにたいへん驚いたという。

その歴史はヨーロッパよりも断然古く、
紀元1世紀にシリアのキリスト12使徒の一人聖トマスが伝道したといわれる
[PR]
←menuへ